インタビュー

沖にむかって泳ぐ

著者:池澤夏樹、新井敏記

93年度谷崎賞受賞、いま最も注目すべき作家が、読書体験と自らの小説世界を語り尽したロング・インタヴュー。聞き手・新井敏記

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    環礁までの、作者の泳ぎ
    読む幸福と書く不幸
    心優しき伴走者
    架空の土地を物語る
    自分の場所、そこからの移動
    物語の誕生から世界の終わりへ
    失われた終末
    池澤夏樹自著解説

    出版社:
    文藝春秋
    出版年月:
    1994/2