< 作品一覧へ

[jpshare]

短篇小説

最後の一羽

著者:池澤夏樹

自分が死ねばそれで一族が終焉を迎えるということを、
彼はその淡い無意識の淋しさの内に、感じとっていた。

絶滅寸前、最後のシマフクロウの姿を美しく悲しく語る。エコロジーの寓話を超えて、人類の淋しさに届く詩的な短篇。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    文庫版所収の解説なし
    短篇集『骨は珊瑚、眼は真珠』所収の短篇

    発売日:2014/08/08
    発行:株式会社ixtan
    製作・発売:株式会社ボイジャー