エッセー

明るい旅情

著者:池澤夏樹

船の上の自分とそれを取り巻く半球のような湿原と空は、それで一つの完結した世界のように思われはじめた。

世界中で日本に最も程遠い場所を探して出会ったのは、ナイル川上流の広大な湿地帯。果てしない青空と生い茂るパピルスだけの“緑の砂漠”—— 南から北へ東から西へ、世界を旅する作家は土地の姿を見つめ、人やけものたちと出会い、口福を味わう。豊富な知識に裏打ちされた、楽しく奥の深い紀行エッセー集。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次


    汽車と、世界の本当の広さについて
    アジアは汽車がいい
    ジュバへ行く船
    野の料理
    おじさんの宝貝


    あのクジラのこと
    ヤップと彼女と「嘘の隙間」
    ハナへの道
    ヴァージン・アイランズの休暇


    今なら間にあうヤンバル探検隊
    与那国島は世界の中心
    沖縄人のための越境のすすめ


    新大陸は元気
    イギリスを出た人々
    現代イギリス旅行文学撰
    記憶の都市・イスタンブール


    北欧の酩酊
    蜂の旅人

    あとがき

    文庫版所収の解説なし

    発売日:2014/08/01
    発行:株式会社ixtan
    製作・発売:株式会社ボイジャー