エッセー

文明の渚

岩波ブックレット

著者:池澤夏樹

私たちは、これまでと同じようには生きられない。

3.11以降の生き方をどう考えるか。2012年8月26日に長野県須坂市で行われた「信州岩波講座」における池澤夏樹の講演と質疑応答に加筆訂正したものです。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    <講演>
    「3.11」体験
    ぼくたちはよく泣いた
    日本という国のあり方が見えてきた
    「俺より立派な人がたくさん死んだ」
    被災地が動き始めた
    相手が何を望んでいるかを聞いて動く
    日本にとって東北とは何か
    原発は人間の手におえない
    閉じた社会は必ず腐る
    ブレーキが壊れれば暴走する原子力
    文明の力には限界がある
    <質疑応答> 聞き手:畑谷史代/信濃毎日新聞・文化部記者
    被災地を訪ねることについて
    日本人の同調性について
    放射性廃棄物について
    沸騰した日本
    代替エネルギーについて
    どう判断するかについて
    市民のデモについて
    文明の渚とは?

    発売日:2013/3/7
    出版社:岩波書店