南の島のティオ

文春文庫

著者:池澤夏樹

受け取る人が必ず訪ねてくるという不思議な絵ハガキを作る「絵ハガキ屋さん」、花火で「空いっぱいの大きな絵」を描いた黒い鞄の男などの個性的な人々とティオとの出会いを通して、つつましさのなかに精神的な豊かさに溢れた島の暮らしを爽やかに、かつ鮮やかに描き出す連作短篇集。第41回小学館文学賞受賞。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    絵はがき屋さん
    草色の空への水路
    空いっぱいの大きな絵
    十字路に埋めた宝物
    昔、天を支えていた木
    地球に引っぱられた男
    帰りたくなかった二人
    ホセさんの尋ね人
    星が透けて見える大きな身体
    エミリオの出発

    出版社:
    文藝春秋
    出版年月:
    1996/8/6


    あとがき などコンテンツの違いのある部分 :


    解説(神沢利子)

    後に「海の向こうに帰った兵士たち」の一話を加えて[増補版]となる。

     

    関連作品