< 作品一覧へ

[jpshare]

南の島のティオ

講談社青い鳥文庫

著者:池澤夏樹

小さな南の島に住む少年ティオは、お父さんが営むホテルの仕事を手伝いながら、島を訪れてやがて出て行くさまざまな人たちと出会います。そして、自然も人の心も豊かなティオの島では、ちょっと不思議な出来事も起こるのです。ティオが教えてくれた、とっておきの10の物語。第41回小学館文学賞を受賞した、池澤夏樹の初の児童向け小説。小学中級から。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    絵はがき屋さん
    草色の空への水路
    空いっぱいの大きな絵
    十字路に埋めた宝物
    昔、天を支えていた木
    地球に引っぱられた男
    帰りたくなかった二人
    ホセさんの尋ね人
    星が透けて見える大きな身体
    エミリオの出発
    あとがき、あるいはティオのあいさつ
    作家から読者へのあとがき

    出版社:
    講談社
    出版年月:
    2012/5/11

     

    関連作品