< 作品一覧へ

[jpshare]

短篇小説

TIO’S ISLAND

著者:池澤夏樹
写真:竹沢うるま

池澤夏樹の文と竹沢うるまの写真が誘う南の島の魔法

池澤夏樹氏の処女小説「南の島のティオ」は、約20年前に発行されましたが、現在でも読み継がれ、全国各地で朗読会が開かれています。
その「南の島のティオ」の続編を池澤氏が書き下ろし、小説の舞台となっている南の島の美しい写真を組み合わせた、イメージフルな写真小説が本書です。
写真を撮影したのは、新進写真家の竹沢うるま氏。竹沢氏の美しい南の島の写真に触発されて池澤氏が書き下ろした南の島のファンタジーは、年齢を問わず、長く読み継がれるクォリティを持ち、池澤氏の作家としての出発点である「南の島のティオ」を、より美しく、より深い感動をもって読み進めることができる新しいタイプの本になっています。
池澤氏が初めて南の島を訪れてから30年間たって伝えたかったことが、美しく、余韻をもって心に届く1冊です。

「海の向こうに帰った兵士たち」を収録。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

発売日:2010/7/20
出版社 : 小学館