< 作品一覧へ

[jpshare]

エッセー

雷神帖(エッセー集成2)

著者:池澤夏樹

よく書かれた小説は叡智のパッケージである。

本でしか実現できない価値をめぐって、サン=テックスやフォークナーから

『野生の思考』へ。読むことの愉楽。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

目次

I
これくらい重い内容は本にするしかない
文学の呪術性を回復する
クレオールと物語の生成
三年後の「からっぽの洞窟」
サン=テグジュペリ像の変化
映画と本と田舎暮らし
ABC書店のために
炎の中に消えた本について
世界に一冊だけの本
II
フォークナーの時間と語り
『フィンランド駅へ』を読んだころ
人間に関することすべて
人は一所懸命に生きる――アリステア・マクラウドの小説
書評家の喜びと悩み
ユリシーズ賞選考記
ルポルタージュの成り立ち
エピファニーの連鎖反応
『野生の思考』と物語の用語
III
異文化に向かう姿勢――岡本太郎を例として
島への階梯
この都市の二つの像 あるいはオリエンタリズムの練習問題
カメラを持った狩猟者
あとがき

発売日: 2008/11/11
出版社 : みすず書房