書評

読書癖4

著者:池澤夏樹

本書にはまず、保坂和志・中上健次から『ユリシーズ』の翻訳・『少年H』、生命の意味から援助交際まで、多様なテーマを論じた反権威的な文芸時評を収める。さらに、吉行淳之介・日野啓三・フォースターなど、読む楽しみに充ちた作家論・エッセーなど、25篇。自由=独歩の読書人による本をめぐる旅の軌跡、全四巻完結。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    I
    文芸時評1996年4月から1998年3月
    II
    リズムのドリル
    空気と鉄の開花
    時間と空間のホログラフィー
    『便利のレベル』の先
    二十年の贅沢
    幸福な人生
    日野啓三『光/聖岩』
    ミッチェル・ワールドロップ複雑系 二十一世紀の科学革命』
    『入澤康夫〈詩〉集成』
    島袋善祐『基地の島から平和のバラを』
    照屋林助『てるりん自伝』
    セオドア・ローザック『フリッカー、あるいは映画の魔』
    小熊英二『〈日本人〉の境界』
    III
    十六段の階段
    事実と哀惜、それに意地
    『砂の上の植物群』と性的実験
    内なる批評家とのたたかい
    彼岸へ渡る契機
    海の上で暮らす
    六冊の本
    私的ロビンソン物語
    星の王子さまへのオマージュ
    ニュー・ヨーロッパの文学
    E・M・フォースター『ハワーズ・エンド』
    E・M・フォースター『ファロスとファリロン』

    発売日:1999/4
    出版社 :みすず書房