< 作品一覧へ

[jpshare]

書評

読書癖2

著者:池澤夏樹

宮沢賢治、ジョン・ル・カレから読んでいない必読書、ゲバラ日記まで、読書の醍醐味を示す、本好きによる本好きのためのブリリアントなエッセー=書評82篇。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

目次

I
謎のニサツタイ
旅先で地名に出合う
鎧の中はからっぽ 他
II
増殖する細部(ルーシャス・シェパード著『戦時生活』 )
人とモノの動きを見る史観(鶴見良行著『ナマコの眼』)
科学の現場から(立花隆・利根川進著『精神と物質』)
『西洋思想大辞典』 書評事典の試み
一つの私的な読みとして(アントニオ・タブッキ著『インド夜想曲』)
III
クンデラ小論 あるいは『存在の耐えられない軽さ』の重さ

発売日:1991/6
出版社:みすず書房