エッセー

言葉の流星群

角川文庫

著者:池澤夏樹

きらきらと輝く言葉の響き、リズム感。読む人を深いところから突き動かす詩。ケンジさんは、詩人にして童話作家、仏教徒でモダニスト、科学者で農学の実践者、教師、そして兄で息子だった。人間社会はしばしば人を傷つけるが、自然は傷を癒す。しかし自然の側は人間に、徹底して無関心だ。透徹した視点で岩手の山と森を見つめ、風と天空に耳を傾け、朴訥な生き方を一心に貫いた詩人の世界を、作家にして詩人の著者が解きほぐす。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    言葉の流星群
    ポラーノの広場に集う者
    宮澤賢治の自然―星と石と生物と
    宮澤賢治の言葉
    迎えにくるのは誰か

    発売日:2013/8/24
    出版社:角川書店