< 作品一覧へ

[jpshare]

短篇集

短篇集
骨は珊瑚、眼は真珠

著者:池澤夏樹

ぼくは不安な気持ちを持ったまま、幸福にやっていくよ。――「眠る人々」より

沖縄の聖地久高島でかつては十二年に一度行われていた祭り、イザイホー。夢の中で、その祭りに巫女として参加している自分を見つける「眠る女」。
亡くなった夫の骨を砕き海に撒く妻。遠くからそっと見守る夫がやさしく語りかける「骨は珊瑚、眼は真珠」。
人類が死滅した地球にただ一人残された男がその死に向かって旅をする「北への旅」、絶滅寸前のシマフクロウが微かな命をつなぐ「最後の一羽」。
根源的な淋しさと淡い幸福感。静かに、美しく、詩的な言葉で綴られる9つの物語。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    眠る女
    アステロイド観測隊
    パーティー
    最後の一羽
    贈り物

    北への旅
    骨は珊瑚、眼は真珠
    眠る人々

    発売日:2016/2/5
    発行:株式会社ixtan
    製作・発売:株式会社ボイジャー