エッセー

異国の客

著者:池澤夏樹

フランス暮らし。
日々の発見と思索のクロニクル。

2005年8月までメールマガジンと同時に雑誌『すばる』で連載されたエッセイ「異国の客」の単行本化。

「…異文化の中に入って、出自を異とする人々に出会い、言葉を覚え、見知らぬものを食べ、異なる習慣を覚える。

そういうことをしている分だけ、実は日本を強く意識している。ウチナー(沖縄)から見るヤマトゥ(本土)、フランスから見るジャポン、同じことだと思う。」

――「あとがき」より。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    始まりの日々
    空港、町の景観、車
    個人と社会
    黄色い空、学校、宣言
    広場、古道具屋、ティタンとスカーフ
    川の風景、マニフ、記憶論とチベット
    雪と春、ヨーロッパの記憶装置、三人の少年
    高校生、法王の死、シャルトルと須賀敦子
    アスパラガスと茸、ベルリンの記念碑、ヨブの妻
    緯度と夜、EU憲法、フロランスとフセインの帰還

    発売日: 2005/12
    出版社 : 集英社