講演集

沖縄式風力発言
ふぇーぬしまじま講演集

著者:池澤夏樹

つなぐものとしての言葉の力が沖縄では生きている。

池澤夏樹が沖縄移住を果たした後、沖縄の島々で語った講演録集。池澤は精力的に島々を周り、実に様々な島人たちと対話をしていた。島の風、社会の風、言葉の風、平和と戦争の風を受けて、時には重く、時には軽妙に、沖縄を語り、世界を見つめる。沖縄の状況について考えるために、今改めて必読の書。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    平和の素(沖縄島・那覇市)
    沖縄の言葉(沖縄島・那覇市)
    人と自然の関係(南大東島)
    ハワイイについて(渡名喜島)
    書物の力(沖縄島・那覇市)
    ジャック・マイヨール(粟国島)
    北海道の話(渡嘉敷島)
    戦争の起源(沖縄島・知念村)
    沖縄は日本を救うか?(ヤマト・東京)

    発売日:2016/5/20
    発行:株式会社ixtan
    製作・発売:株式会社ボイジャー