< 作品一覧へ

[jpshare]

インタビュー/共著・編著/対話

池澤夏樹、文学全集を編む

編集:河出書房新社編集部

世界文学全集30巻、日本文学全集30巻の個人編集は10年の歳月を費やす大仕事だった。
池澤夏樹は何を思い、考え、成し遂げたのか。
様々な視点からその仕事の意味を考察する。

累計85万部突破
史上初の全巻個人編集「世界」「日本」文学全集の楽しみ方とは?

「世界はこんなに広いし、人間の思いはこんなに遠くまで飛翔する。それを体験してほしい」
一池澤夏樹

豪華対談・鼎談を多数収録

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    ・緒言 池澤夏樹

    ・池澤夏樹ロングインタビュー
    「人間とは何か」ーーその手がかりとしての文学
    聞き手=山本貴光

    〈対談〉
    記憶が紡ぐ歌、そして物語へ
    石牟礼道子×池澤夏樹

    日本を変革する新しい文学運動の始まりーー「日本文学全集」刊行開始にあたって
    大江健三郎×池澤夏樹

    〈鼎談〉
    世界文学は越境する
    鴻巣友季子×沼野充義×池澤夏樹

    〈講演〉
    世界文学と『苦海浄土』ーー熊本県立図書館での講演から
    池澤夏樹

    〈座談〉
    王朝文学は連環する
    森見登美彦×川上弘美×中島京子×堀江敏幸×江國香織

    〈創作〉
    六本木 岡田利規

    〈インタビュー〉
    角田光代、『源氏物語』を訳す
    聞き手=瀧井朝世

    〈論考〉
    文学全集とその時代 斎藤美奈子

    〈エッセイ〉
    「世界文学全集」への旅 鈴木敏夫
    帯をほどいて 中村佑介

    〈池澤全集 この一冊〉
    ・『日本語のために』
    最良の日本語サンプラー 柴田元幸
    ・『失踪者/カッサンドラ』
    迸る書記 木下古栗
    ・『わたしは英国王に給仕した』
    夢みる給仕の昼と夜 池澤春菜
    ・『短篇コレクション』I・II
    崩れていく世界を生きること 藤井光

    ・『大岡昇平』
    大岡昇平と戦後派 奥泉光
    ・『竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記』
    五人の作家と旅をする 絲山秋子
    ・『日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集』
    古典から聞こえてくる他者の声 関口涼子
    ・『中上健次』
    私の日本文学全集体験 木ノ下裕一

    〈編集鼎談〉
    メイキング・オブ・文学全集
    池澤夏樹×木村由美子(「世界文学全集」編集長)×東條律子(「日本文学全集)編集長)

    日本文学全集&世界文学全集 完全ガイド

    発売日: 2017/9/8
    出版社 : 河出書房新社