短篇小説

帰ってきた男

著者:池澤夏樹

今でもぼくはすべての中に溶け込んで消えてしまいたいと願っています。

アフガニスタン戦争時のソ連の偵察機による航空写真に写し出された謎の遺跡。前人未踏の山岳地帯にあるその石の構造物を調査するために探検隊の一人として現地へ赴いた男は途中で仲間の半分を失うという事故に遭いながらも現地にたどり着く。天高く一羽の大鷲が舞うその砦は至高の世界への入り口だった――。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    発売日:2016/1/29
    発行:株式会社ixtan
    製作・発売:株式会社ボイジャー