エッセー/紀行

増補新版
ギリシャの誘惑

りぶるどるしおる

著者:池澤夏樹

ギリシャはぼくに人間とは何かを教えた

古代ギリシャからの長い時間。時代とともに変わるものがあり、変わらないものもある…どこまでも青い空。過剰なほどに注ぐ陽光。その下で人々の生きること。

 

賞讃者のまなざしで綴るギリシャ案内。

1987年刊行の『ギリシアの誘惑』第一版に「蜂の旅人」と「デルフィに帰る」を増補。「エリティアスと二十世紀ギリシアの詩人たち」は『二十世紀現代ギリシャ詩選』に収録予定。

hontoで購入。

e-honで購入。

紀伊国屋書店で購入。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    アテネ物語
    ギリシャ 夏
    ギリシャ 冬
    トロイゼンからの道
    エーゲ海の島々
    サントリニ紀行
       
    都市の星座
    イスタンブールにはじまる
       
    *  
       
    蜂の旅人
    デルフィに帰る

    発売日: 2018/2/1
    出版社 : 書肆山田 
        http://shoshiyamada.jp
    装幀:亞令