< 作品一覧へ

[jpshare]

小説

バビロンに行きて歌え

著者:池澤夏樹

一人の若き兵士が、夜の港からひっそりと東京にやって来た。名もなく、武器もなく、パスポートもなく…。突然、この海のような大都会に放り込まれ、さまよい歩く異邦人。その人生の一場面で彼とすれ違い、あるいはつかの間ふれあい、そして通り過ぎていく男や女たち。彼を中心に、この不可思議な大都会と、そこに生きる様々な人間像を鮮やかに、感動的に描いて新境地を拓いた長編小説。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

目次

夜の犬
老獣医
ブルー・プレート
恋の日々
夢の中の戦場
パピリオ・メムノン
静かな、誰もいない島
ローリング族の居留地
倉庫のコンサート
天井の穴から見える星
取引
都会の力

出版社:
新潮社
出版年月:
1990/01