小説

タマリンドの木

著者:池澤夏樹

会社員の野山が出会った、タイのカンボジア難民キャンプで働く修子。偶然の出会いから二人の距離は急速に近づくが、修子はタイに戻ってしまう。残された野山は彼女を追いかけて、難民キャンプを訪ねるが、そこには修子の姿はなかった。自分の意思を貫きひたむきに生きる女性と優しくて不器用な男の愛の物語。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    出版社:
    文藝春秋
    出版年月:
    1991/9