< 作品一覧へ

[jpshare]

エッセー

セーヌの川辺

集英社文庫

著者:池澤夏樹

おなじ空の下で考える
ぼくたちの<いま>のこと、
そして<明日>のこと。

フランスに活動の拠点を移した池澤夏樹のエッセー集<異国の客>の第2弾。フォンテーヌブローでの日々の生活と新時代への希望を架橋する、しなやかで粘り強い思索に裏打ちされた、時代への提言。

 

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    聖マルタン、愛知万博、植民地の料理、車を燃やす
    クリスマス、EUと多言語社会、コープランド、ブルギニヨン
    厳寒体験、エネルギー問題、全世界が流謫の地
    街頭民主主義、社会サービスの質
    スコットランドの縁ふたつ
    ピカソの見かた、書くための出発
    マテラッツィが言ったこと
    川辺の公園、共和国、独立戦争
    冬の到来、エッフェル塔、敗者の歴史
    カルメン、モンブラン、南部高速道路
    ケ・ブランリーとディズニーランド
    ラングドックの語学学校、サルコジ、ソミエール
    フランスの景観、アズールとアスマール
    修理するアフリカ人、翻訳文化、フランスの変化
    サン・ナゼール、交通の方針
    二十歳の頃、町の事件、異国としての日本
    フィレンツェ、ドゥオーモ、工学的関心
    セーヌ川を船で行く――あるいは内水面の文化史
    文庫のための、あとがき

    発売日:2013/6/26
    出版社 : 集英社