短篇小説

アステロイド観測隊

著者:池澤夏樹

宇宙の一方の隅で一人の若い男が発電機を停めようと待ち、もう一つの隅で小さな小惑星が月の陰に入ろうとしている。

とある南の島で小惑星の微かな現象を観測するのに、大統領の噴水のライトアップが邪魔をする。その明かりを消すために果敢な行動に出る青年。天文学教授の若かりし日の冒険がユーモラスに描かれる。『マシアス・ギリの失脚』の執筆の過程で生まれた短篇。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    文庫版所収の解説なし
    短篇集『骨は珊瑚、眼は真珠』所収の短篇

    発売日:2014/08/01
    発行:株式会社ixtan
    製作・発売:株式会社ボイジャー