< 作品一覧へ

[jpshare]

小説

やがてヒトに与えられた時が満ちて……

著者:池澤夏樹
写真:普後 均

今はもう、夜も昼もない。地球時代の「追憶」は禁止され、「おいしさ」の感覚は失われた。深かったはずの人と人との「思い」。ある日、過去からの幽霊が現れるという噂がたち、ザンジバルは都市の起源を尋ね歩くが……都市と人類の行方を問う、著者初の近未来小説の文庫化。4篇の小品を併載。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    星空とメランコリア
    やがてヒトに与えられた時が満ちて……

    発売日: 1996/12
    出版社 : 河出書房新社