< 作品一覧へ

[jpshare]

エッセー

むくどりは千羽に一羽……

著者:池澤夏樹

ハワイ・マウイ島に“風の取材”で出掛け、ロンドンでは猫の名前に頭をひねり、沖縄に帰れば米兵の少女乱暴事件に怒りをおさえきれない。黙祷の夏には大岡昇平『レイテ戦記』を読み直す。そしてクジラに会いたくなったら、ふらりと座間味島へ。 

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    バラ色の指、衣はサフラン
    大阪おそるべし
    トラック街道
    名簿を前にして
    法隆寺の瓦
    四十一時間の船の旅
    ある書店への感謝
    エルシーおばさんとの会話
    箱つくり
    ぼくは体育ができない
    ロック・ハドソンの大喧嘩
    クジラが来る海
    『チャタレイ夫人の**』
    理想的ヨーロッパ人
    オペラの一夜
    アンガスとマヤ
    一八六六年の大レース
    完全パッケージ商品
    芝生は緑
    トム・ヤン・クンの枕言葉
    米は、いねの実
    みんなで建てる家
    チェレンのお披露目
    新ライス料理
    フランス大嫌い
    二十三万四千百八十三名
    昇る時、落ちる時
    梅雨の晴れ間
    ぼくたちの失敗
    ムルロアの共闘
    黙祷の夏
    夕立が来る!
    我が愛県精神
    石を投げる
    今年は昭和三十二年か?
    星空映画館
    ケモノと遭遇
    望遠鏡を買って
    冬迎えぼくは五フィート六インチ
    正直な発言
    民主主義という幸福
    文字問題いろいろ
    海辺の造り酒屋
    だれが勇敢なのか
    晴れた日の楽しみ
    むくどりフグ体験

    発売日:1996/4
    出版社:朝日新聞社