< 作品一覧へ

[jpshare]

エッセー

むくどりの巣ごもり

著者:池澤夏樹

沖縄に移り住んで3年、むくどり作家の好奇心はますます旺盛。島うた、「象の檻」、西表島のカヤック。司馬遼太郎における元気な日本人像を考え、星野道夫の非業の死を悼み、三線を弾いて戦争終結を祝った沖縄人の発想に驚く。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

目次

夢のふしぎ
やっぱり紙が好き
昨年の残念
対称トレーニング
世界が静かになる日
煙が目に染みる
煙が服に染みる
止まれ、止まれ、止まれ!
海から来た人々
本当に怖いのは……
特権的映画ファン
トンテンカンテン
頭の中の路線図
司馬文学の支え
「象の檻」の前で
ゴム長の一週間
ゆるくない時代
深夜特急と娼婦
二〇倍ワールド
空母とタグボート
琉球列島<島うた>紀行
テレビのない島
二つの一人芝居
クチナジとビタロー、それにオジサン
「ゆるくない時代」その後
太陽の威力
こんかいわしの味
超短波と豆腐
箸にも棒にも
ハンカチを疑う
乾物屋に帰れ
自分で決めよう
乗り込みオバアの伝説
火星から来た岩
夏休みの化石掘り
複合材料的大問題
昔のヒトに会いに行く
スンダランドからの旅路
原発船に乗りませんか?
全日本お子さま航空
言葉だけでなく……
文化をまたぐ結婚
山の彼方の空とおく
慶良間は見えるが……
小さな鐘を槌が叩く
カナダの鮭
日本の鮭
今年いちばんの偉業

発売日:1997/4
出版社 :朝日新聞社