小説/短篇集

きみのためのバラ

新潮文庫

著者:池澤夏樹

永遠に消えない人生の一瞬。
恩寵のような邂逅―。

予約ミスで足止めされた空港の空白時間、唱えると人間の攻撃欲がたちまち萎える不思議なことば、中米をさすらう若者をとらえた少女のまなざしの温もり。微かな不安と苛立ちがとめどなく広がるこの世界で、未知への憧れと、確かな絆を信じる人人だけに、奇跡の瞬間はひっそり訪れる。沖縄、バリ、ヘルシンキ、そして。深々とした読後の余韻に心を解き放ちたくなる8つの場所の物語。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    都市生活
    レギャンの花嫁
    連夜
    レシタションのはじまり
    ヘルシンキ
    人生の広場
    20マイル四方で唯一のコーヒー豆
    きみのためのバラ
    解説・鴻巣友季子

    発売日: 2010/8/28
    出版社 : 新潮社