< 作品一覧へ

[jpshare]

短篇小説

きみのためのバラ

著者:池澤夏樹

彼女はまたにっこり笑った。この笑いにぼくはつかまっているんだ、と彼は思った。

車内に置き去りにされた不審なバッグから離れようと妻に促されて、満員電車の中を移動しながら、男はかつて同じように混み合う客車の中を進んで行ったことを思い出す。ずっと昔の、日常の中でテロリストの存在を考えなくて済んだ時代。彼が手にしていたのは一本のバラだった。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

文庫版所収の解説なし
短篇集『きみのためのバラ』所収の短篇

発売日:2015/08/21
発行:株式会社ixtan
製作・発売:株式会社ボイジャー